缶サット甲子園について

缶サット甲子園とは、高校生が自作した缶サット(空き缶サイズの模擬人工衛星)およびキャリア(缶サットを搭載する機構)を打上げ、上空での放出・降下・着地の過程を通じて、技術力・創造力を競う競技会です。従来の競技会のように「定められた技能」を競うのではなく、生徒の皆さんが斬新でオリジナリティーのある缶サットを作り、「coolさ」を競います。

詳しくは缶サット甲子園とは?をご覧ください。

参加をご検討の皆さまは、参加の流れ・申込方法をご覧ください。

過去の大会の詳細は、こちらのページをご覧ください。

【学校教員の皆様へ】初めて参加ご検討の学校の指導教員の方はこちらもご覧ください。

最新情報

2017年度の開催結果
  • 優  勝:法政大学第二高等学校
  • 準優勝:和歌山県立桐蔭高等学校
  • 土岐賞(技術賞):岐阜県立可児工業高等学校
  • サイエンス賞:静岡県立浜松西高等学校
  • プレゼンテーション賞:和歌山県立向陽中・高等学校、敬愛高等学校
  • 全国大会優勝チームに来年度のESA缶サット大会ゲスト参加権が与えられます!
  •  

    多くの皆様のご協力ご支援により、2017年度の各地方大会・全国大会は盛会のうちに終了致しました。ありがとうございました。各地方大会・全国大会の詳細および結果はこちらに公開しています。

      【缶サット甲子園全国大会】(地方大会から選抜された10チームが出場しました) 
    • 開催地:日本大学二和グラウンド(千葉県船橋市)
    • 開催日:2017年8月27日(日)~29日(火) 
      【缶サット甲子園地方大会】(4地方大会、全31校が参加しました)
    • 関東地方  2017年7月23、24日 千葉県船橋市・神奈川県川崎市にて【終了】
    • 中部東海地方  2017年7月8日(土)岐阜県各務原市にて【終了】
    • 近畿地方  2017年7月9日(日)和歌山県和歌山市にて【終了】
    • 九州地方  2017年7月17日(月・祝)福岡県北九州市にて【終了】

新たな「地方大会」の開催を歓迎します

地方主催を希望される団体・機関は、「理数が楽しくなる教育」実行委員会 事務局までご連絡ください。大会運営の技術的なサポートも可能です。

(地方大会は、「缶サット甲子園開催規則」に従って「理数が楽しくなる教育」実行委員会が承認する団体によって開催されます。)

缶サット甲子園に参加を考えられている教員の皆様へ

初めて参加ご検討の学校の指導教員の方はこちらもご覧ください。

 

更新履歴