高校生の高校生の熱い思い熱い思い
CANSAT KOUSHIEN JAPAN
2021.03.02-03.03

INTRO缶サット甲子園とは

缶サット甲子園とは、高校生が自作した缶サット(空き缶サイズの模擬人工衛星)を打上げ、上空での放出・降下・着地の過程を通じて、技術力・創造力を競う競技会です。従来の競技会のように「定められた技能」を競うのではなく、生徒の皆さんが斬新でオリジナリティーのある缶サットを作り、「coolさ」を競います。

2021年で14回目を迎えるこの大会は、2008年開始以来、のべ参加数332チーム(2020年度大会終了現在)にのぼります。

  • ※その他の実践的宇宙教育サイト

OUTLINE大会概要

2021年度 全国大会

全国の地方大会から選抜された14校によって競います。

開催日
3月22日(火) 事前プレゼン動画公開
3月25日(金) 打ち上げ実験(悪天候等の場合は3/26に順延)
※今年度は事前プレゼン・打ち上げ実験・事前プレゼンいずれも、オンライン配信
※今年の打ち上げ実験は現地見学不可
開催地
事前プレゼン→特設サイトに公開
打ち上げ実験→千葉工業大学 千種校地(千葉県)
事後プレゼン→YouTubeLIVEで配信
主催
「理数が楽しくなる教育」実行委員会
協賛
千葉工業大学

GUEST審査員紹介

審査委員長

山崎 直子さんプロフィール画像
山崎 直子Yamazaki Naoko
山崎 直子Yamazaki Naoko

2010年スペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗し、国際宇宙ステーション組立補給ミッションSTS-131に従事した。2011年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)退職後、内閣府宇宙政策委員会委員、一般社団法人スペースポートジャパン代表理事、日本ロケット協会理事・「宙女」委員長、宙ツーリズム推進協議会理事、などを務める。

MESSAGE

高校生の皆さん、物づくりや宇宙に熱く挑戦しませんか。そして、甲子園で全国大会を目指しませんか。
2008年に始まった缶サット甲子園は、空き缶サイズの模擬人工衛星のミッションを考え、自作し、打上げ実験を行い、その結果をまとめるという一連の作業の中で、技術力や創造力を競う競技会です。缶サットで何を目指すのかというミッションは、与えられるのではなく、生徒自らが設定し、制約条件の中で実現していくことに本競技会の大きな特徴があります。技術、チームワーク、プロジェクトマネジメントなど幅広い経験を積むことで、宇宙内外の様々な分野で大切となる力が育まれるでしょう。
歴代参加生の皆さんが、全国の仲間と切磋琢磨し、社会課題の解決をミッションとして考え、真摯に取り組んでこられた姿が印象的であり、こうした真剣勝負ができる場があることの大切さを実感しております。
運営にあたり、関係機関・スポンサーの皆様、熱心にご指導下さる学校の先生方、ボランティアの皆様にも厚く御礼申し上げます。

MOVIE

山崎 直子さんからの
応援コメント

審査員

田口 優介さんプロフィール画像
田口 優介Taguchi Yusuke
田口 優介Taguchi Yusuke

GITAI Japan株式会社 Director, Business Development。博士(理学)。
兵庫県出身。4歳から10年間アメリカに在住。日立ソリューションズでシステム開発やオセアニア地域での国際営業、Dellで中央省庁の営業、YSI/Nanotechで水質計・流速計の技術営業に従事。有人宇宙システム(JAMSS)では宇宙飛行士・地上管制官の訓練インストラクターを担当し、JAXA出向中は金井宣茂宇宙飛行士をはじめ、JAXA宇宙飛行士の訓練支援を担当。2018年より民間宇宙ベンチャーへと身を転じ、Astroscale、Space BDを経た後、2019年5月より現職。神戸大学大学院にて博士後期課程修了(天文学専攻)。

植松 千春さんプロフィール画像
植松 千春Uematsu Chiharu
植松 千春Uematsu Chiharu

インターステラテクノロジズ株式会社 社長室室長。
1993年神奈川県出身。東京工業大学附属科学技術高等学校在学中に、缶サット甲子園・ロケットガール&ボーイ養成講座に参加し、宇宙産業に興味を持つ。
東海大学工学部航空宇宙学科を卒業後、2016年4月にインターステラテクノロジズ株式会社に入社。試験設備の構築及び運用や初号機から2号機まで射点電気設備系の責任者として観測ロケット「MOMO」の打上げを支えた。
2018年8月より観測ロケット「MOMO」プロジェクトマネージャとして開発の全体指揮を行い、国内初民間単独での宇宙到達ロケットの成功に貢献。2021年9月からは社長室室長として、中長期戦略の立案や、資金調達・新規事業開拓を担当している。

池内 亮さんプロフィール画像
池内 亮Ikeuchi Toru
池内 亮Ikeuchi Toru

曙ブレーキ工業株式会社 インフラ&モビリティシステム事業部門 開発部所属。神奈川大学工学部機械工学科在籍中の2009年から宇宙エレベーター技術競技会に参加し、2014年からは同技術競技会運営技術員として計測機器の開発・運用や、高校生向け宇宙エレベーターキット「SPIDER」の電気系設計などを担当する。特殊構造ブラシレスモータの開発、テザードバルーンシステムの開発、圃場水位計測機器、遠隔災害地環境計測器などのIoT機器開発の経験を経て、2017年から曙ブレーキ工業にて鉄道向けセンサー製品の開発に従事。

TEAM出場チーム紹介

  • 栃木県立栃木高等学校SHクラブ物理班 缶サットグループ
  • 千葉県立東葛飾高等学校理科部 航空班
  • 早稲田高等学校(東京都)早稲田高校
  • 法政大学第二高等学校(神奈川県)OWL(法政二高物理部)
  • 福井県立科学技術高等学校Caginist
  • 福井県立藤島高等学校ドキュメント
  • 岐阜県立岐南工業高等学校電気電子研究会
  • 岐阜県立岐阜高等学校自然科学部 物理班
  • 岐阜工業高等専門学校宇宙工学研究会 SERA
  • 大阪府立茨木工科高校SST.R&D(宇宙科学技術研究開発部)
  • 尼崎市立尼崎双星高等学校宇宙科学研究会
  • 和歌山県立海南高等学校缶サットチーム
  • 和歌山県立桐蔭高等学校科学部缶サット班
  • 敬愛高等学校(福岡県)理科研究部

MOVIELIVE配信

栃木県立栃木高等学校SHクラブ物理班 缶サットグループ
COMMENT
■人数:1年8人、2年10人


■チーム経歴
平成26年SSH課外活動クラブ物理班の中の1グループとして活動開始
缶サット甲子園2019関東大会第一位、全国大会出場
缶サット甲子園2020ベストプレゼンテーション賞
千葉県立東葛飾高等学校理科部 航空班
COMMENT
■人数:1年 2人、 2年 8人

■チーム経歴
休部状態だった理科部に部員1名が入り2015年復活
2017年から缶サット甲子園に出場
2018年は打ち上げ失敗により機体破損、2019年はパラシュートの展開に失敗、2020年もパラシュートの展開に失敗
早稲田高等学校(東京都)早稲田高校
COMMENT
■人数:高校1年 4人

■チーム経歴
現在のメンバーの出場経験はありません。
ですが3年前に先輩が出場したことがあるそうです。その時は残念ながら全国大会までは行けなかったそうです。
法政大学第二高等学校(神奈川県)OWL(法政二高物理部)
COMMENT
■人数:高校2年4名、高校1年10名

■チーム経歴
・1968年創部
・缶サット甲子園全国大会4回優勝
福井県立科学技術高等学校Caginist
COMMENT
■人数:4名(2年生:2名、1年生:2名)

■チーム経歴
創部年:2004年(平成16年)

■過去3年の大会出場履歴
令和元年度
福井県工業学科チャレンジロボコン:5位、マイコンカーラリー北信越大会(レギュラー部門、カメラ部門):記録なし(4チーム参加)、Ichigojam(マイコン)小学生体験教室実施(ボランティア活動)

令和2年度
福井県工業学科チャレンジロボコン:6位、マイコンカーラリー北信越大会(レギュラー部門):39位・記録なし(3チーム参加)ふくい缶サットハイスクール:優秀チーム、ふくい缶サットグランプリ:優勝

令和3年度
福井県工業学科チャレンジロボコン:9位、マイコンカーラリー北信越大会(レギュラー部門):記録なし(3チーム参加)ふくい缶サットハイスクール:最優秀チーム
福井県立藤島高等学校ドキュメント
COMMENT
■人数:2年生4人

■チーム経歴 
2021/02/14 初代チーム結成
2021/07/23,24 ふくい缶サットグランプリにて優秀賞獲得
2021/07/25 チーム再編
2021/07/27 現在のチーム結成
岐阜県立岐南工業高等学校電気電子研究会
COMMENT
■人数:4人

■チーム経歴
缶サット甲子園に挑戦するため、電気科の1年生2名と電子科の1年生2名が集まって結成されたチーム。2年後に全国大会入賞を目指して活動を行う。令和3年度岐阜地方大会で準優勝。
岐阜県立岐阜高等学校自然科学部 物理班
COMMENT
■人数:1年生10名

■チーム経歴
本年度より、1年生が興味を持ち缶サットに取り組んでいます。
缶サットに詳しい部員はいませんが、大学の先生・学生の方々、他校の先生・生徒の方々に基礎知識を教えて頂きました。現在は,自分達で調べ考えて、缶サットの製作に取り組んでいます。
缶サット甲子園2021岐阜地方大会にてベストアプローチ賞を受賞。
(岐阜高等学校 自然科学部物理班は「物理部」として昭和23年創部)
岐阜工業高等専門学校宇宙工学研究会 SERA
COMMENT
■人数:計15名 メインメンバー 4名(3年生:1名、2年生:3名)
        サポートメンバー 11名(3年生:3名、2年生:1名、1年生:7名)

■チーム経歴
2016年に有志団体としてスタート。2017年3月に開催された第13回種子島ロケットコンテストのロケット部門滞空および定点回収競技で初出場初優勝を果たす。2018年に同好会として承認。缶サット甲子園への参加、そして岐阜県の宇宙工学講座や高専スペースアカデミアといった宇宙教育イベントに参加し、研鑽を積みながら現在に至る。

■過去3年の大会出場履歴
2021年度 缶サット甲子園中部東海地方大会 優勝、第1回全国高等専門学校宇宙コンテスト 優良賞
2020年度 缶サット甲子園全国大会 土岐賞、缶サット甲子園中部東海地方大会 優勝
2019年度 缶サット甲子園全国大会 土岐賞、缶サット甲子園中部東海地方大会 優勝、第27回衛星設計コンテストジュニアの部参加、第16回種子島ロケットコンテストロケット部門滞空および定点回収部門、CanSat部門ともに書類審査通過も新型コロナウィルスの影響で大会中止
2018年度 缶サット甲子園中部東海地方大会 出場、第15回種子島ロケットコンテストロケット部門高度競技、CanSat部門出場
大阪府立茨木工科高校SST.R&D(宇宙科学技術研究開発部)
COMMENT
■人数:3年生:4名 2年生:1名 1年生:1名

■チーム経歴
2011年創部

■大会出場履歴
2019年 缶サット甲子園近畿地方大会出場、3位入賞
2019年 JAXA種子島ロケットコンテスト出場 
     ローバー部門において敢闘賞受賞

2020年 缶サット甲子園近畿地方大会出場
     缶サット甲子園全国大会出場、奨励賞受賞

2021年 缶サット甲子園近畿大会(串本町)出場
尼崎市立尼崎双星高等学校宇宙科学研究会
COMMENT
■人数:2年生1名、1年生4名

■チーム経歴
2021年8月に2年生が活動をスタートし、2022年2月に宇宙科学研究会を発足した。
和歌山県立海南高等学校缶サットチーム
COMMENT
■人数:メンバー 6名(エントリーメンバー4名、サポートメンバー2名)

令和3年度SITP(課題研究)の物理分野で、「缶サット」を選んだ6名で構成しています。5月から取り組み始め、7月の缶サット甲子園和歌山地方大会に出場し、3位入賞しました。災害救助を想定したローバー型缶サットを製作し、自作のモデルロケットで挑戦したが、トラブルでローバー型缶サットが破損しました。その経験から今回は安全に荷物を運搬できる缶サットに挑戦することにしました。
和歌山県立桐蔭高等学校科学部缶サット班
COMMENT
■人数:1年生は約10人、2年生は4人

■チーム経歴
科学部創部年2008年
缶サット班は2011年から

■大会出場履歴
2020年缶サット甲子園和歌山地方大会準優勝
2020年缶サット甲子園全国大会準優勝
2021年缶サット甲子園和歌山地方大会優勝
敬愛高等学校(福岡県)理科研究部
COMMENT
■人数:51人 高校2年6人、高校1年13人、中学3年9人、中学2年17人、中学1年6人

■チーム経歴
創部70周年

■過去3年の大会出場履歴
・マリンチャレンジプログラム(2019)
・缶サット甲子園(九州大会、全国大会) (2019〜2021)
・Mission-E エコロジープラントプロジェクト(2021)
・ロケットフォトコンテスト(2021)
・全国高校生マイプロジェクトアワード(2019,2020,2021)
・サイエンスキャッスル(2021)
・中文連理科研究部間全国大会金賞 宇宙を学べる大会in九州大会(2019)